口臭を消す方法

口臭は普段の生活と密接に関わっています。まずは食生活や生活習慣を見直して、口臭の根本的な原因を解決します。

口臭を消す方法(1)

口臭の原因には様々なものがありますが、ほとんどの場合、口臭が作られるのは口腔内、つまり口の中です。 それ以外にも消化器系や代謝系の臓器の疾患がある場合に体内で発生した臭気成分が血中に排出されて呼気の一部として出ることがありますが、これは非常にレアなケースです。  つまり、口腔内を"口臭が作られにくい環境"にするだけで口臭のほとんどは解決することが可能なのです。 そのためには、口臭が発生するメカニズムについて理解しなければなりません。 口臭の元となっているのは、"揮発性硫黄化合物"と言われる臭気ガスです。 この臭気ガスは、口腔内に存在している細菌類が食べ物のカスや新陳代謝の過程で生じた剥離上皮細胞などを栄養素として分解(代謝)する際に発生するものです。 とはいえ、誰にでもこの臭気ガスが発生しているわけではなく、この臭気ガスは栄養素の代謝が嫌気性菌によって嫌気的に行われた場合のみ発生するものなのです。 通常、健康的な口腔内の場合は好気性菌が優位なのでこうした栄養素の代謝は好気的に行われ、酸が発生するだけで臭気ガスは発生しません。 ですが、何らかの歯周病になっていたり、虫歯の場所があるとそこでは嫌気性菌が優位になるため、嫌気的代謝が促進されて臭気ガスが発生してしまうのです。 人によって口臭の有無の違いがあるのは、口腔内が嫌気性菌の代謝が行われやすい環境にあるかどうかの違いがあるためです。 では、この臭気ガスが発生しないようにするにはどうすればよいのでしょう? 一番簡単な方法は、きちんと口腔内を清潔な状態にしておくということです。 毎食後のブラッシングに加えて、歯間ブラシなども併用して磨き残しを極力減らすことで嫌気性菌の栄養素を減らすことができます。 また、マウスウォッシュ(リステリンなどの洗口剤)を使うと殺菌作用によって口腔内の細菌類の量を減らすことができるので、これも有効な方法でしょう。 歯磨きはやりすぎると唾液の量を減らす要因にもなるため、一日に6回も7回も歯磨きをするくらいなら、マウスウォッシュを使って歯磨きの回数を減らす方が良いとされています。 また、どうしても毎日のセルフケアだけでは取りきれない汚れが出ますから、定期的に歯医者で歯垢除去をしてもらうことも重要です。 歯垢を放置しておくと、歯石に成長してそこから歯肉炎や歯槽膿漏に繋がって嫌気性菌の活動を活発にしてしまうため、歯垢はなるべく早く除去する必要があります。

口臭を消す方法(2)

あまり意識している人はいないかもしれませんが、実は口臭は普段の生活習慣と密接に関わっています。 口臭が強い人は、その人の生活習慣の中に根本的な原因が潜んでいる場合が多いため、思い当たる場合は自分の生活習慣を見なおしてみると良いでしょう。 重要なことは、唾液の量が減少すると口臭が強くなるということです。 朝起きて口の中がザラザラしていることは多いですが、これは就寝中に口を開けることで口の中が乾燥し、唾液の量が減少したために起きます。 一日の中で口臭が強くなるのは起きた時と言われていますが、それはこの唾液の減少が関係しています。 口臭は口腔内で細菌類の活動によって生じる臭気ガスが原因ですが、通常は唾液の持つ抗菌効果と洗浄作用によって細菌類の活動が制限されているため臭気ガスは発生しません。 ですが、唾液が減少して口が乾いた状態になると、細菌類の活動が活発になり臭気ガスが大量に発生すると共に、舌苔も溜まりやすくなってしまうのです。 生活習慣の乱れによって代謝系や消化器系の機能に問題が発生すると、その結果として唾液量の低下が起きます。 唾液量の減少が口臭に繋がるため、口臭が何らかの体の病気のサインとなることが多いのです。そのため、中高年以上の方で急に口臭が強くなってきた場合は、何らかの病気の可能性を疑ったほうが良いかもしれません。 以上のことから、歯周病や虫歯など口腔内の問題が無いにも関わらず口臭が強くなっている人は自分の生活習慣を見なおして口臭を抑える努力をする必要があります。 具体的な内容としては、まずは食生活の改善が最も重要です。 糖分や脂肪分などの摂り過ぎを控えてバランスの良い食事を心がけることが基本になります。 また、飲酒、喫煙も控えたほうが良いです。 不規則な生活リズムも体にストレスを与える要因となりますので、規則正しい生活リズムを維持することも重要です。 仕事上の過度なストレスも問題ですが、これをすぐに取り除くことは難しいでしょうから、時間をかけてゆっくり対処しなければなりません。 これらの方法は、すぐに結果の出るものではないので効果を感じるようになるには長い期間が必要です。 生活習慣病の予防や体質改善の意味ではこれらを続けることは重要ですが、すぐにでも口臭を消したい場合には、口腔内の乾きを一時的に改善する方法も有効です。 ドライマウス対策用のスプレーなども市販されていますし、ガムを噛んで唾液の分泌を促すなども良いでしょう。 ただしこれらはあくまでも一時的な対処方法ですから、根本的な治療のためには上記の生活習慣の改善を維持する必要があります。

口臭に関する体験談